CHAMPS CHALLENGEとは?

 KFCとピザハットを展開するヤム・ブランズグループが、品質・ホスピタリティを守るために実施している活動があります。それは、スタッフがお客様の立場に立って店舗をチェックし、評価・改善を図るという活動です。この活動をCHAMPS CHALLENGEと称し、日本全国のKFCフランチャイズ加盟店の各代表がそのスキルを競い、ナンバーワンを決める大会も行っています。

Cleanliness
清潔さ
Hospitality
おもてなし
Accuracy of Orders
注文の正確さ
Maintenance
店舗設備の
メンテナンス
Product
商品の品質
Speed of Servise
サービスの早さ

 大会はお店の1日の中で混雑のピークとされるランチタイムや新商品の発売日等を想定したシチュエーションで行われます。接客や商品提供までのタイム等から各チームの“CHAMPS”を評価。年1回、夏に行われるこの大会に、熱い思いを持って臨んでいます。出場したスタッフの感想を聞いてみましょう!

プレッシャーもあったけど何より勉強になった!経験が自分の財産になった

チームに大きな一体感が生まれた!普段の店舗の雰囲気も変わった

他の店舗の人と友達になれた ! 優勝すると世界大会に出られるのでワクワクしました

こんなに一生懸命になれる自分に出会えるとは思わなかった

CHAMPS CHALLENGEにおける社員の役割は?

 通常の店舗は社員2名とアルバイトスタッフ約20名で構成されています。20名のスタッフをまとめあげ、良いチームプレーができるようフォローするのが店舗社員の大きな役割。野球やサッカーなどのチームスポーツの監督のような存在です。

チームで目標を達成する一体感を
味わいたい、仲間思いの熱い人には
ピッタリです!